検索
  • Naoki Yoshikawa

地雷を踏む

 助成金は地雷だらけだと思ったほうがよい。計画届から支給申請まで半年、1年と開いていることが多いので、要件になっている賃上げ、事業主がつい賃金を5%UPで支払うのを忘れるということがある。常に監視していないとだめだ。また支給申請の段階に至って、実はそれ以前におこなうべき儀式があり、それを落としていたということがある。最初から支給申請書の裏の「記載要領」まで目を通していれば、そんなことはないが、その裏面に「隠された要件」が潜んでいることは多々ある。計画届の段階から支給申請書まで目を通しておくことが必要。重要な部分はライン・マーカーで色分けしておくことだ。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

我慢の三乗

商売は我慢の三乗。我慢しかねるところをばがんばっていると、形勢逆転で好機 が生ずる。

天気予報 不幸の預言で嫌われる

営業の基本

応酬話法など一切使わずに、相手の言い分や主張を丸呑みしなければいけないとか、極端な場合、面談拒否であれば、そもそも営業など成り立たない。もはや客ではないということ。

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean