検索
  • Naoki Yoshikawa

助成金の趣旨目的

 助成金には雇用保険法上の趣旨・目的がある。キャリアアップ助成金なら、雇保即§118条の2に規定がある。パンフの案内とほぼ同じであるが、雇用の安定等、必ず目的がある。その目的に沿う形で労務管理をすることが条件であり、助成金は景品又はおまけである。しかし大半の事業主はそれが目的化している。そして社労士は単なる助成金ゲッターだと思っている。自分のほうは社労士をとことん軽蔑しているのであるが、自分は社労士にどう思われているかは気が付かない。所詮労務管理には目がいかないと思っているのだったら、金の切れ目が縁の切れ目である。助成金の世話が終わったら、社労士としてもそんな会社に用はないから、出勤簿も賃金台帳もほおりっぱなしで(5年間事業所が保存の義務があるのであるが、そんな会社に社労士が記録資料の控えを渡してくれるわけがない)、イザ役所の調査が来たら、もう終わりである。顧問契約もなければ、なおさらである

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

営業の基本

応酬話法など一切使わずに、相手の言い分や主張を丸呑みしなければいけないとか、極端な場合、面談拒否であれば、そもそも営業など成り立たない。もはや客ではないということ。

病気と死を恐れない

激しく燃え上がる色情も、もし病気になったらと考えたとたん、たちまち冷え切ってしまう。名誉や利益の甘美な味わいも、いちど死に思い至ると、とたんに蝋を噛むような味気無さと変わる。常に死を意識にとどめ病気のときを忘れなければ、かりそめの俗事に惑わされることなく、求道の心を持続させることができよう。「新釈菜根譚」(守屋 洋)184頁

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean