検索
  • Naoki Yoshikawa

やりさがし

前の社労士が遣りさがした助成金の申請を頼まれることがある。やりにくい。場合によっては前の社労士に☎して聞くこともあるが、大抵、事業主又は事務員の勝手気ままが目につく事例が多い。

社労士のほうから降りている例も多い。3~4人も社労士が替わっているところは、これはオタク(事業所)が完全におかしいことが多いので、そこにまず気づくべきである。

 そんなんでは誰も助けちゃくれません。

 添付資料がむちゃくちゃであることが原因で不支給になることは非常に多い。何等かの形で社労士が手を加えないとまず通らない。

 



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

我慢の三乗

商売は我慢の三乗。我慢しかねるところをばがんばっていると、形勢逆転で好機 が生ずる。

天気予報 不幸の預言で嫌われる

営業の基本

応酬話法など一切使わずに、相手の言い分や主張を丸呑みしなければいけないとか、極端な場合、面談拒否であれば、そもそも営業など成り立たない。もはや客ではないということ。