kおよう雇用調整助成金

【趣旨】 景気変動の影響、事業活動の縮小

​→休業、教育訓練、出向=雇用の維持

 

比較的短期に生産量の回復が見込まれる場合→休業

【支給対象となる事業主】

ア 景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由

 次は支給対象となりません。

季節的変動によるもの

​事故又は災害により施設又は設備が被害を受けたことによるもの

イ 事業活動の縮小とは、以下の生産量要件、雇用量要件を満たしていることをいう。

①売上高又は生産高の事業活動を示す指標の最近1か月の月平均値が前年同期に比べ10%以上減少していること(生産量要件)

 

②雇用保険被保険者の最近3か月間の月平均値が前年同期と比べ、10%以上を超えてかつ4人以上増加していないこと(雇用量要件ー撤廃)

 

​労使間協定 本助成金は雇用調整の実施について労使間で事前に協定し、その協定に従って雇用調整を実施することを要件とする。

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean